入会案内
日本ツバキ協会広島支部は、前身の「広島椿協会」が、日本ツバキ協会に加入し、昭和57年2月21日、会員相互の親睦と技術の交流、ならびにツバキに関する調査、研究、新品種の育成、普及進歩に寄与することを目的として創立されました。
支部長には、広島市中央卸市場花き部の「花満」の歴代社長が就任し、現在は、三代目となる和田由里が務める。
その下に、代表理事として玉川忠義、事務局長に島田幸晴が就任している。
事務局は、例会開催の利便もあって、妙詠寺(島田幸晴住職)内に置いている。

毎月の定例会(接木、挿し木、剪定、植え替え等の講習会を兼ねる)、年1回の展示会、その他お花見、見学会、苗木無料配布、接ぎ木挿し木用穂木の無料交換会などを行っています。興味をお持ちの方のご参加を会員一同心からお待ちしています。

申込書
ご入会をご希望の方は下記フォームに必要事項をご記入の上、
FAXか郵送でお申込みをお願いします。(お電話でのお問い合わせはご遠慮願います)
申込書フォーム ( 205 KB / 2016/02/04 20:28 )